東北魂ビールプロジェクト ネクターセッションIPA

【2024年3月1日発送開始※数量限定醸造※】

トロピカルなアロマと爽やかな苦みのセッションIPA!

東北魂ビールプロジェクトロゴ

東北魂ビールプロジェクトとは、東北のクラフトビールのブルワーが集まり、お互いの経験・知識をオープンにして技術研鑽し、東北を美味しいビールを醸造する場にするプロジェクトです。
今年は、東北の9ブルワリーが東北産ホップのIBUKIを使用して、ほぼ同一レシピ(アロマホップのみ異なる)で醸造を行いました。

今回のビールスタイルはセッションIPA。東北産ホップ「IBUKI」に加え、田沢湖ビールではアロマホップに新品種の海外産ホップ「Nectaron(ネクタロン)」を使用しました。
トロピカルなネクタロンホップの香りと、フローラルなアロマと爽やかな苦みを備えたIBUKIホップの特徴を合わせ、香りと苦みを楽しみながらもライトボディで飲みやすいスタイルのビールです。

  • 東北魂ビールプロジェクト
    ネクターセッションIPA
  • アルコール度数:3.5%
  • 原材料:麦芽(ドイツ製造・アメリカ製造)・ホップ
  • 発酵方法:上面発酵
  • 保存方法:冷暗所にて保存
  • 賞味期限:180日間
  • 商品規格:330ml瓶・15l樽

13年前、3.11の震災で被災した東北地方のブルワリーに対して、全国の多くのファンから支援が集まり、そのおかげでビールの醸造を何とか継続することができました。
田沢湖ビール工場は直接的な被害はなかったものの、物流の全ストップ等お客様へビールをお届け出来ない状況が続いておりましたが、震災後にはたくさんのイベント等に呼んでいただき多くのお客様にビールを飲んで頂く事ができました。
そんな中、私たちはビールの品質でしかお客様に恩返しができない、だからこそ皆で力を合わせてビールの品質を高めようと、このプロジェクトは立ち上がりました。田沢湖ビールは2017年から参加し、現在は東北各地多数のクラフトビールメーカーとキリンビール仙台工場、キリンビール様のクラフトビールメーカー、スプリングバレー様が加わり継続して勉強会を開催しています。
今回の東北魂ビールプロジェクトでの参加ブルワリーは全9社。ビタリングホップにIBUKIを使用し、3種の中から選んだアロマホップを各社使用いたします。(田沢湖ビールはネクタロン)
仙台市内や東京都内では各ブルワリーの飲み比べができるイベントも実施の予定です。今年もぜひ各社のビールを飲み比べてください!
 

※東北魂ビールプロジェクトHP(Facebook)はこちら

関連商品

  1. SUMMER Brut IPL -サマーブリュットIPL-

    2023年夏の限定醸造ビール! 柑橘系を思い浮かばせるホップの鮮烈な香りとキレのあるクリーンで爽快な飲み口で、夏にピッタリの限定ビールです。

  2. ダークラガー -Dark Lager-

    黒ビールが苦手な方にすすめたい!深いコクと苦味の本格派黒ビール。

  3. ラオホ -Rauch-

    スモークモルト大量使用の「いぶりビール」!スモークフレーバーがやみつきになる!

  4. 秋田のお米エール サキホコレ -Brut IPA-

    秋田の新ブランド米「サキホコレ」を原材料の一部に使用した、すっきりした飲み口のエールビール。咲き誇る様なホップの香りもお楽しみください。

  5. W CHOCOLATE BOCK(ダブル チョコレートボック)

    チョコレートモルトを原材料に使用し、カカオの様な香ばしい香りが特徴のスウィートな味わいのビール。

  6. ドラゴンハーブヴァイス -DRAGON HERB WEISS-

    秋田県産のハーブを使用した商品を製造している「株式会社龍角散」と「田沢湖ビール」のコラボレーションビール!

ページ上部へ戻る