田沢湖ビールの歴史

田沢湖ビールオープンまで

田沢湖ビールの始まりは、1994年に酒税法が緩和され、ビールを醸造するための免許取得に必要な年間最低製造量が、2,000klから60klまで引き下げられたことに発します。この規制緩和に秋田県で初めて注目し、行動を開始したのが秋田県仙北市にある、「株式会社わらび座」です。
そもそも「株式会社わらび座」とは、民族伝統をベースにした現代的な舞台作品で全国公演している劇団「わらび座」としてスタートし、1953年から秋田県田沢湖町(現仙北市)に本拠を置いて活動しています。1974年に「わらび劇場」を建設。その後、温泉宿泊施設「温泉ゆぽぽ」もつくり、自然と文化の中で、心も体もリフレッシュできる場として「たざわこ芸術村(現:あきた芸術村)」を設立し、様々な文化活動を続けております。その一環として、地ビールも「新しい文化の創造」という視点から大変魅力がある、ということで検討に入ったのです。

秋田県第一号の地ビールとして田沢湖ビールがオープン!

1997年 9月 田沢湖ビールオープン
オープン当初のビールの種類【アルト・ケルシュ・バイツェン・ダークラガー】
1998年 5月 ピルスナー発売
当時の定番5種類【アルト・ケルシュ・バイツェン・ダークラガー・ピルスナー】が揃う
2000年 4月 初のPB商品の発売
秋田県仙北郡角館町(現在の仙北市角館)地域限定で「角館麦酒」をリリース
2000年12月 ブナの天然酵母を使用したビールの発売
現在の【ブナの森】。当時の商品名は【天然酵母ビール】
2001年 4月 ブナの天然酵母を使用したビールの発売
現在の【桜こまち】。当時の商品名は【桜酵母ビール】
2006年 ジャパン・ビアカップ2006にて【アルト】金賞受賞
2007年 インターナショナル・ビア・コンペティション2007にて【アルト・ケルシュ】が金賞受賞
2008年10月 日本初の原材料100%秋田県内産ビールを発売
商品名【あきた麦酒 恵】発売初年度は秋田県内限定発売
2009年 1月 初の冬季限定醸造ビールを発売
チョコレートモルト使用の【W Chocolate bock】Yahoo!ショッピング ビールカテゴリにてランキング1位を獲得。
2010年 9月 秋田駅ビルトピコ内に系列飲食店【あきた海鮮食堂】オープン
2015年に「えきのビアバルMANMA」にリニューアル。
現在は業務提携会社「(株)フードボックス様」経営の「YA-YA Stazione B」
となっています。
2011年 ワールド・ビア・アワード2011 にて【アルト】がベスト・アルトビール獲得!
2012年 3月 スポーツチームとの初のコラボビールを発売
J3(当時は日本サッカーリーグ)所属「ブラウブリッツ秋田」とのコラボ商品【ブラウブリッツビール・夢】を発売
2013年 ヨーロピアン・ビア・スター2013 にて【アルト】がデュッセルドルフアルト部門金賞受賞!
2013年 2月 新幹線デザインの初の缶ビール発売
JR東日本秋田支社様とのコラボ企画。新秋田新幹線をラベルデザインとして「スーパーこまちビール」発売
2014年10月 地元「秋田県仙北市」産原材料のビール【こまちヴァイス】発売
仙北市産小麦の「ねばりごし」を使用
2016年 7月 県外初の直営店「田沢湖ビール -SENDAI-」をオープン
※現在は閉店しています
2016年 7月 地元飲食店・酒販店とのコラボビール発売
地元店舗の有志からなる「ヒットホッパーズ」とのコラボで【シトラスシャワーエクストラピルス】を発売
2018年 4月 なまはげデザインラベルリリース
2018年 4月 プロ野球チームとのコラボビール発売
東北に拠点を置く「東北楽天ゴールデンイーグルス」のイーグルスビールの一つとして【イーグルスレッドエール】を発売
2018年10月 新工場長の就任
オープン以来工場長を務めた小松に代わり現工場長の佐々木が就任。(初代工場長小松は現顧問)
2019年 4月 (株)龍角散とのコラボビール発売
龍角散ハーブパウダーを副原料に使用した【ドラゴンハーブヴァイス】を発売
2019年10月 プロバスケットボールチームとのコラボビール発売
地元秋田のチーム「秋田ノーザンハピネッツ」とのコラボビール【ハピネッツビール】を2種類発売

 

ページ上部へ戻る