田沢湖ビールのこだわり

1997年 秋田県第1号地ビールとして田沢湖ビールは誕生しました。
以来20年以上、多くの皆さまにご愛飲頂いています。

私たちのスローガンであり、目標は、
【3リットル飲めるビール造り】

すっきりとたくさん飲めるビールを念頭に、様々な種類のビール造りに挑戦しています。

スローガンは、初代工場長である小松勝久がビール造りの研修でドイツを訪れた際、ビアパブで言われたこの一言からきています。
「うまいのか、まずいのか、とりあえず3リットル飲んでから決めてくれ」

まずいビールは3リットルなんて絶対飲めない。飲めば飲むほど、喉が渇いて飲みたくなるようなビールを造って、腹いっぱい料理を食べて、うまいビールをみんなで歌って笑ってたくさん飲む。
そんなビールが繋ぐ楽しさを皆様にお届けすべく、日々ビール醸造を行っています。

原材料へのこだわり

上質なドイツ産モルトやチェコ産ファインアロマホップを使用。
仕込み水や酵母にもこだわり、手間と時間をかけた個性溢れる様々なビールを醸造しています。

ブルワー(醸造士)

醸造長含むブルワーそれぞれが熱い思いをもって日々ビール醸造に励んでいます。
自然を相手にじっくりと向き合いながら3リットル飲めるうまいビールを目指します。

田沢湖ビールの歴史

1997年の開業から現在まで20年以上、多くの皆さまに田沢湖ビールを飲んで頂きました。
数多くの商品の発売やたくさんの賞を頂いています。

受賞歴

世界が認める「秋田発・世界一のビール」です

日本地ビール協会が主催する、ジャパン・アジア・ビアカップ(現在のジャパングレートビアアワード)で、2006年「アルト」が金賞を受賞。以来、ワールド・ビア・アワードやヨーロピアン・ビア・スターなど数多くの世界ビールコンペティションにて、毎年田沢湖ビール各種が受賞を果たしております。世界が認める味を堪能していただくため、今後も精進してまいります。

メダル画像

- 田沢湖ビール工場のご紹介 -

田沢湖ビールは秋田県仙北市に位置し、緑豊かな田園地帯の近くにあります。
春は桜・夏は渓流・秋は紅葉・冬は豪雪。四季折々の風景が彩りよく変化する、雪国秋田の地。
料飲施設や温泉、宿泊施設、更には地域密着ミュージカルを上演する劇場を備える「あきた芸術村」の中にて、日々ビール醸造を行っています。

田沢湖ビール外観

田沢湖ビール外観
※レストラン部門は休業中※ ショップのみ営業 10:00~16:00(日曜定休日)

田沢湖ビール工場内

田沢湖ビール工場内

ページ上部へ戻る